月別アーカイブ: 2018年4月

2018.5.12
「attc vs Koharu / DODDODO / 服部峻」

2018.5.12

LIVE:
attc vs Koharu
DODDODO
服部峻

DJ:
MITSUKI

START18:30
前売¥2300/当日¥2500 +1drink¥500

Amephone's attcは、レゲエの7インチのB面、いわゆるバージョンをやるというコンセプトで始まったという話を耳にしたことがある。そのコンセプトを通して今までのattcの共演者たち(mmm、秋山徹次、テニスコーツ、オシロスコッティ、柴田聡子、Gofish etc…)を眺めると、Amephone氏による、そのコンセプトの観念的な運用と、其々の実験結果において、様々な体験と思索の種が用意されているわけですが、その出会いの中で、最も豊かに結実したのが、柳家小春+Amephone' attc=attc vs Koharu。レゲエと小唄という、西洋音階的な調性が取れないという組み合わせと、コンセプトに対する技術的な徹底によって、オーネットコールマンのハーモロディクス理論や、ハウスミュージックのミックス時における興奮と通底する、状況の乱立が等しく交雑する、最も正しく幸福な意味合いでの”ポストモダン”が立ち上がる、ユートピアのようなダンスミュージックだと、僕は思っています。

そんなattc vs Koharuが再び関西にやってきます!土曜のHOPKENでは、Amephone氏も惚れ込む天才”服部峻”、バンドでは唄いまくるが、ソロでは唄わずセオリーそのまま、再びフレッシュに音楽を組み上げていくライブが毎度素晴らしいDODDODO、そして前回に引き続きMOLE MUSIC主催のMITSUKIさんをDJにお迎えしてお届けします!
翌日5/13の日曜には稲田誠さんの棚レコード主催で、容赦ない共演者を迎えまたとない一日になると思います!ぜひ!!

2018.5.11
「片手でチューバツアー~大阪最終日~」

2018.5.11
「片手でチューバツアー ~大阪最終日~ 」

LIVE:
sujiko sumoguri(國木まちこ acc,vo / TOHO tuba)
持田桐
THE CREAMS

OPEN18:00 / START19:00
CHARGE¥2000+1drink¥500

2018.4.29
「yojikとかえるさんとwanda」

2018.4.29
「yojikとかえるさんとwanda」

2018.4.29
「yojikとかえるさんとwanda」

LIVE:
yojikとwanda
かえるさん(細馬宏通 from かえる目)

OPEN 19:00 / START 19:30
前売¥2000 / 当日¥2500 (別途1drink \500)

2018.4.22
「海藻姉妹の中京関西ツアー 大阪編」

2018.4.22
「海藻姉妹の中京関西ツアー 大阪編」

2018.4.22
「海藻姉妹の中京関西ツアー 大阪編」

LIVE:
海藻姉妹
華乃家ケイ&祥衣

OPEN 18:30 / START 19:00
前売¥2500 / 当日¥3000 (別途1drink \500)
※学生証提示で¥500引き

海藻姉妹
緻密な楽曲を超絶テクニックで演奏する、かしまし三姉妹ポップ・トリオ。サックス担当のわかめとこんぶ、鍵盤楽器担当のめかぶによる息の合った演奏は、老若男女問わず絶賛されている。吹奏楽ファンから実験音楽マニアまでも魅了するその音楽性は、演奏技術を駆使したアンサンブル、昭和を思わせるレトロな映画音楽、世界中のお祭りの風景までをものみ込んだ、大きくて優しい世界観を持っている。あたたかく洗練されたサックスの音色と鍵盤楽器のハーモニーによって、いままでありそうでなかった、楽し・懐かし・新しい音楽がここに誕生した。
海藻姉妹 twitter


武村篤彦(g)山田参助(vo)による無国籍歌謡デュオ。2002年から活動を始める。アルバムに「唄声の港」(2010 Pヴァイン)「霽月小曲集」(2014 ぐらもくらぶ)。漫画家である山田参助は今年2月コミックビームでの4年にわたる連載「あれよ星屑」の最終巻(全7巻)をリリースしたばかり。ちくま文庫で出版された田中小実昌、色川武大、吉行淳之介のエッセイ本の表紙イラストも好評。
泊 web site

2018.4.21
「suha / タートル山 / ケンスギサキトリオ」

2018.4.21
「suha / タートル山 / ケンスギサキトリオ」

LIVE:
ケンスギサキトリオ
[ケンスギサキ,稲田誠,西滝太]

suha
[INOUE_TSUNEYASU ∔ ハー]

タートル山
[KOPY∔亀井奈穂子]

OPEN 18:30 / START 19:00
前売¥1500 / 当日¥1800 (別途1drink \500)

2018.4.14
「E.S.V『ぬけ道』レコ発大阪編」

2018.4.14
「E.S.V『ぬけ道』レコ発大阪編」

LIVE:
E.S.V
EMERALD FOUR
MCウクダダとMC iknow

DJ : 
CAROLIECUT
oboco
スズキナオ

OPEN / START 18:00
前売¥2000 / 当日¥2500 (別途1drink \500)

2018.4.9
「NEW MANUKE ニューカセットリリースパーティー – iPad,lick finger & swipe,grandson gets angry -」

2018.4.9
「NEW MANUKE ニューカセットリリースパーティー
 - iPad,lick finger & swipe,grandson gets angry -」

20180409_flyer

LIVE:
NEW MANUKE

DJ : 
小松千倫

VJ : 
Takuya Matsumi + crackcomix

OPEN19:30 / START20:30
CHARGE¥500 (別途1drink \500)

NEW MANUKE
2009年結成のエクスペリメンタル・ジャンクバンド。ライブはまったく踊れないビートによる逆トランスの誘発、それらはライブハウスやクラブ、アンダーグラウンドと場所を変えては日夜、爆音で鳴らされる。
2009年にアニメーション作家の故・相原信洋氏とのコラボレーション。未発表のプリミティブな新作アニメーションもプロジェクションされ、コラボレーション時の相原氏の名義は『サイケ相原』。2011年、自主カセットテープ「nannomondaimonainiwa」をリリース。収録曲の『Junkroad Bandass』がライブペイント集団Whole9の360°Gopro動画に使用される。2017年、KoshiroHino主催レーベルbirdFriendよりkuknackeとのスプリットカセット『Kuknacke/NEWMANUKE』をリリース。
2018年、新作カセット『iPad,lick finger & swipe,grandson gets angry』を小松千倫によるM/D/G remix、KAZUMICHI KOMATSU remixを収録して発表される。

 
https://newmanuke.tumblr.com/

Kazumichi Komatsu
2009年ごろよりフィールドレコーディングで収集したサウンドデータをプロセシングした楽曲の制作を開始。flau、psalmus diuersae、angoisse、Manila Institute等のレーベル・パブリッシャーから複数の作品を発表しているこれまでにTim Hecker、Mount Kimbie、Arca、The Field、Lolina、Mark Fell、Julia Holter、TCF、PAN等の来日公演をサポート。近年は美術家 金氏徹平の舞台作品やファションレーベルPUGMENT等のサウンドを担当。またポエジーやミームをテーマにインスタレーションや音響作品を展開している。リトルプレスを制作する「yong」メンバー。個展に『FAKEBOOK』(Workstation.、2016年)。主なグループ展に『シンフォニーLDK』(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、2017年)等。



松見 拓也
1986年、神戸市生まれ。写真家。京都精華大学デザイン学部在学中より、フリーランスのデザイナー、フォトグラファーとして活動を開始。2010年よりcontact Gonzoに加入、同年NAZEとともに犯罪ボーイズを結成。最近は夢と記憶を研究しつつ、紙片『bonna nezze kaartz』を刊行している。

http://qqiixiipp.hanzaiboyz.org/

20180409_Matsumi_2