2018.8.5
「合奏の会&HOPKEN presents『行楽猿Yの訳もなくワカメ~夏篇~』」

2018.8.5 日
合奏の会&HOPKEN presents「行楽猿Yの訳もなくワカメ~夏篇~」

ヤンチャでヤングでワイルドでワイザツな行楽猿Yと鋭い審美眼でナイスなセレクションのCDショップHOPKENがお送りします新企画!

"Y"と"H"がだいたい1シーズンに一度、気になる人や人たちを招いて、それぞれの出しものだけでなく合奏もやってみましょう!というのが大枠です。

記念すべき第一回はいつの間にやらダグソフォンをやっているサンプラー奏者の森山ふとし氏と、アコギ一本で独自の世界を構築している鈴木庸聖氏を迎えてお送りします!

LIVE: 

・鈴木庸聖(ギター)
・森山ふとし(ダクソフォン)
・行楽猿Y

OPEN 19:00 / START 19:30
CHARGE \1,000 [別途 1drink¥500]

・行楽猿Y (KOURAKUEN Y)
みやけをしんいち(ソプラノサックス)from melagukan, 音遊びの会
せいぞちゃん(トロンボーン)from 三田村管打団?, 音遊びの会
西浦徹(ギター)from ホームシックアイランダーズ
武村篤彦(ベィス)from 泊
加納"サワディ"佐和子(ドラムス)from 井上智恵トリオ


みやけをしんいちの楽曲を特濃のメンバーで捏ねてから演奏する音楽バンド。「Y」の付かない「行楽猿」とは違い、この決まったメンバーで演奏します。

奏される音楽はきっと難しくはなく、きっと親しみやすいもの。そして概ねパンチの効いた味付けになるのがこの「Y」付き行楽猿です。

フェスとかに呼ばれるとどうなるのか、ちょっと期待していたりもする。世間の皆さま、どうぞよろしくお願いします。

https://twitter.com/wo_miyake_ow

=========

・森山ふとし
 カセットレーベル bird friend からオシロスコッティと栗原ペダルとのユニット『マイクロふとし』とソロ作品を発表。
ワークショップを経て、2017年よりハンスライヒェル氏が発明した珍楽器ダクソフォンで演奏を開始。

=========

・Yousei Suzuki(鈴木庸聖)


アコースティックギターによるインストゥルメンタルを中心に創作する。
アメリカンプリミティブギターやフォークソング、オルタナティブミュージックなどから影響受ける。歌やピアノの演奏もおこなう。
数枚のオリジナルアルバムを発表。
2009年、オーストラリアのネットラジオSideways Through Soudの企画したオムニバス盤に参加。
2013年、アメリカのテープレーベル、Scissor Tail Editionsから「The Scene From A Frame」をリリース。
カセットを中心にリリースするSenri Recordsの運営も行っている。

http://yousei.makibisi.net/about.html