2018.6.1~9
「管弘志 exhibition 『私の仕事』」

2018.6.17

2018.6.1~9

管弘志 exhibition
「私の仕事」

管弘志のイラストレーターとしての仕事を紹介いたします。
アーティストとしての作品とは違ったポップでシャープなグラフィックをご覧いただけます。Pulpでの個展を併せてお楽しみください。

※HOPKEN同建物B1Fのギャラリー、Pulpで同時期に開催中の展示の関連展です。

 管弘志 exhibition
「サマーセーター」

日時:
2018/06/01(fri) - 06/10(sun) ※closed on 06/06(wed)
13:00-20:00

会場:
Pulp (大阪市中央区北久宝寺町2-5-15 B1)
※南堀江より堺筋本町へ移転

寒いんだか、暑いんだか、どっちかわからない矛盾と曖昧さ。
打ち消し合ってプラスマイナスゼロ。物語の終わりには、何一つ残らない。

二十代にやっていたことを基に、四十代で再びやります。 (管弘志)

-
アーティスト・管弘志による、14年ぶりの個展を開催いたします。
ボールペンとスクリーントーンによる、モノクロ作品を中心に展示いたします。

::ARTIST PROFILE::

管 弘志 | Hiroshi Kan

1973年 大阪生まれ
1994年 創造社デザイン専門学校夜間部卒業
大阪在住

個展
1997年 「血はあらそふ」/HBギャラリー
2001年 「CUT OUT」/ROCKET
2003年 「MEGA FLOAT」/ROCKET
2004年 「FULLCIRCLE Presents Hiroshi Kan」/Blink Gallery(ロンドン)

[グループ展]
1998年 「COVERS」/HBギャラリー
2004年 「サイオニック・ディストーション」/SuperDeluxe
2014年 「期待と回想」/Fm
2015年 都築潤ディレクション「不安すぎるライン」/タンバリンギャラリー
2016年 水野健一郎Presents「得体」/ギャラリールモンド
2017年 水野健一郎Presents「得体」/Pulp


VOL.7 HBファイルコンペ藤枝リュウジ賞
タンカレーマティーニパーフェクトアート2000常磐響賞
第112回 THEチョイス入選(タイクーングラフィックス 選)
第11回TIS公募入賞(伊藤桂司選/わたしの一枚)他

「モーターマガジン」「サイゾー」「Number」(雑誌挿絵)
「Casa BRUTUS」「Meets Regional」(雑誌表紙)
「逆光」/トマス・ピンチョン(書籍装画)
ホテル「CLASA」(ブックCD)
「amadana」(ブランドブック)
インテンショナリーズ「ILTヴィラ」(建築イメージビジュアル)
「アナトリエ」(壁画)
六本木ヒルズ「CHRISTMAS PRECIOUS GIFT」(ビジュアル)
キリンジ「カメレオンガール」(CDジャケット)
RIP SLYME「黄昏サラウンド」(CDジャケット)他

http://hirishikan207.blogspot.jp/