2018.6.17
「フランクパール来日公演2018」

2018.6.17

2018.6.17 日
「フランクパール来日公演2018」

[出演]
Frank Pahl / Terri Sarris / Itoken 

Special Guest:
Tomoe Inoue and her fragile casio【井上智恵と彼女の壊れやすいカシオ】

OPEN18:00 / START18:30 
前売¥3000 / 当日¥3500(+1drink¥500)

・Frank Pahl /フランクパール
アメリカンカントリーなテイストを持ちつつも、ヨーロッパ的な繊細さも持ち合わせたアヴァントイポップ界の雄。アヴァンポップバンド、ex) only a motherのメンバー、現在はソロアーティストとして、ミシガン州の片隅で最高にチャーミングでエクスペリメンタルな音楽を作り続ける奇才。
プリペアドピアノやバンジョー、スライドギター、ハーモニカ、ウクレレ、ベル、おもちゃ、自動演奏機、さらにはもう普通では見た事がないようなエクスペリメンタルな楽器を自ら制作し、多種多様な音楽を作りあげる。ソロ1stアルバムをフランスのdemosaurusよりリリース、2ndソロアルバム『the back of beyond』をNovelCellPoemからリリース、2003年に来日公演を青山CAY、渋谷UPLINKファクトリーで行っている。
2001年からはインストゥルメンタルジャズカルテット、scavenger quartetでも活動中。またフランスのklimperei(クリンペライ)との共作によるシリーズ作品『music for dessert』、『music for bath』をリリース。
2018年6月の来日に合わせ3作目の『music for perfect strangers』 をリリース予定で、今回は実に15年ぶりの来日となる。一緒に来日するTerri  Sarrisは映像作家であり、フランク率いるトリオバンド、little bang theoryのメンバーでもある。