2018.6.16
「石の寝床とフジワラサトシ」

2018.6.16

LIVE:
フジワラサトシ+石原敦子+元山ツトム
石の寝床 (石原敦子+瀬木俊[core of bells])
グラタンカーニバル(光永惟行・カメイナホコ・江崎將史・NGT)
さばく(鈴木勝・飯山ゆい)

OPEN18:30 / START19:00
前売¥1,800 / 当日¥2,300円+1drink¥500

・フジワラサトシ
1982年生まれ東京都出身。
2008年より演奏活動を開始。2013年にsweet dreams pressより『い、のる』を発表。
弾き語りや管弦楽器を含めたバンド編成で息の長い歌を歌う。

・石の寝床
石原敦子(ボーカル)瀬木俊(ギター伴奏)2010年12月、core of bellsの瀬木が、今はなきキッドアイラックアートホールで行われた幻のフォークフェス「明大前フォークジャンボリー」に主催の宇波拓から受けたオファーに手が余り、石原を誘って二人でヨーデルなど歌ってお茶を濁したことに端を発する、歌とギターの二人組。

2017年冬、宇波拓録音によるファーストアルバム「石の寝床」リリース。この世に起きなかった出来事をなるべく脚色なく歌います。

http://ishinonedoko.blogspot.jp


・さばく
鈴木勝(ギター)と飯山ゆい(ピアノ)による幻のインストデュオ。
極シンプルなメロディの小品や断片は、俳句、伝言メモの走り書き、予告編だけの映画、旅のお土産。


・グラタンカーニバル
光永惟行による宅録ソロ、またはバンド。管弦打楽器と歌によるポップスの演奏をおこなっている。主なバンドメンバーは江崎將史、カメイナホコ、NGT。