2018.3.13
「Marker Starling + Nicholas Krgovich Japan Tour 2018 ? Osaka」

2018.3.13
「Marker Starling + Nicholas Krgovich Japan Tour 2018 ? Osaka」

7e.p.2018年最初のツアーは、共にカナダが誇るメロウ&スムース・ポップ・マスターであるマーカー・スターリングとニコラス・ケルゴヴィッチによる魅惑のカップリング・ツアー!
日本と同じくUKでもTin Angelのレーベルメイトであり、昨秋にも一緒にドイツツアーを敢行と相性バッチリの両者、マーカー・スターリングは『Anchors & Ampersands』、ニコラス・ケルゴヴィッチは『In An Open Field』と共に昨年11月に発表した傑作ニュー・アルバムを引っさげての来日となります。

さらに!
両者同様にTin Angel所属、レティシア・サディエール(ステレオラブ)とのコラボで知られるグループ、Batschのベーシストで、前述の2人のドイツツアーにも参加したジョー・カーヴェルが、マーカー・スターリング、ニコラス・ケルゴヴィッチどちらのセットもサポートする予定。
Batschはニコラスの『In An Open Field』のベーシック・バンドでもあります。

2018.3.13
「Marker Starling + Nicholas Krgovich
Japan Tour 2018 ? Osaka」

LIVE:
Marker Starling (fka Mantler)
Nicholas Krgovich (P:ano, No Kids, Gigi)

OPEN19:00 / START19:30
前売¥3700 / 当日¥4000
(いずれも別途1drink \500)

Marker Starling / マーカー・スターリング
1969年、トロント出身クリス・A・カミングスによるワンマン・ユニット。2000年代にはマントラー(Mantler)名義で独tomlabを中心に4枚のアルバムをリリース。ロバート・ワイアットを彷彿させる繊細なヴォーカル+ウーリッツアー(エレクトリック・ピアノ)+リズムボックスを基盤に様々な音楽的ルーツが溶け込んだスムース&メロウなサウンドは各所で高い評価を受ける。2015年にはアーティスト名をマーカー・スターリングに改名後初のアルバムとなる『ロージー・メイズ』を発表。同作は初のカバー・アルバム『アイム・ウィリング』とのカップリングで2016年3月日本発売。2016年4月にはマントラー時代を通じ初の日本ツアーを敢行(9都市11公演)。最新作は2017年11月発売『Anchors & Ampersands』。

Nicholas Krgovich / ニコラス・ケルゴヴィッチ
1982年、ヴァンクーバー生まれ。チェンバー・ポップ・グループP:ano(ピアノ)の一員としてデビュー。以降、コンテンポラリーR&Bを取り込んだNo Kids、ガール・ポップ/ブリル・ビルディングへのオマージュを展開したGigi(ジジ)など様々なユニットで、ロマンティック&タイムレスでハイスタンダードな作品を連発。2012年にはマウント・イアリ、テニスコーツと共に初来日ツアー。初のソロ・アルバム『ニコラス・ケルゴヴィッチ』を2013年1月に日本先行でリリース(海外では『On Sunset』と改題し2014年リリース)、各所で高い評価を受ける。2015年、日本独自2 in 1CD『フー・ケアズ?+オン・カフエンガ』を発表、デラドゥーリアン(exダーティ・プロジェクターズ)と共に再来日。最新作は2017年11月発売『In An Open Field』 。